トップ / コンピューターと人間の違い

コンピューターと人間の違い

コンピューターと感情

コンピューターの感情

私たちは人間として感情を感じていることは分かりますが、それを明確に定義するのは難しいことです。その人間が作り、プログラムしたコンピューターにそういったものが芽生えることがあるでしょうか。今は、無いとしても進み続ける、テクノロジーがいつの日かそういった現象を引き起こすかもしれません。なぜなら私たち自身にもそれがどこから来るのか分からないからです。過去の記憶の蓄積によるものもあれば思考の連鎖によって呼び起される喜怒哀楽もあります。記憶の蓄積においては人間の脳を凌駕する日も遠くないと言えるコンピューターに愛情や喜怒哀楽といった感情が芽生えても不思議ではないでしょう。

価格

コンピューターに感情はある。

感情とは生き物のみが持っている感覚です。しかし、日頃コンピューターで作業をしていると動作が遅くなったり、画面が消えたり、異音がしたりすることがあります。これらの動作は彼らがあなたに対して喜怒哀楽を表現しているのです。無駄な動作、早すぎる入力、ごみファイルを溜めているなど、コンピューターの負担になることをしていると生き物のように気持ちをむき出しにしてきます。しっかり彼らの感情を理解してあげれば、いつも快適に動いてくれます。あなたのエゴを押し付けずに、彼らの意見を聞きながら作業することで長く付き合える相棒になり、貴方のストレスも軽減されます。彼らが何かを訴えている時は、どうしてほしいのか聞いてあげて下さい。

↑PAGE TOP

© Copyright コンピューターで出来ること. All rights reserved.